Google Maps APIからPlatformに

  • GoogleMapsPlatformで出来ること

    • 大手検索サイトのグーグルはさまざまなサービスを提供していますが、そのひとつが、GoogleMapsによる地図提供サービスです。

      このサービスは全世界の地図をオンラインで公開しており、地図だけでなく地形図や航空写真、またリンクによってグーグルストリートビューによって風景なども見ることが可能です。このサービスは無料で利用できるものと思われがちですが、実はそうではありません。

      GoogleMapsPlatformはかなり有益な情報が揃っています。

      ホームページなどに埋め込み表示させている場合には、一定のビュアー数をこえると会員登録と支払い登録をしておかなければ利用できなくなります。



      2018年6月11日までは、方法としてはAPI方式がとられており、グーグルに発行してもらったAPIキーを埋め込んで認識されてきました。

      APIキーを埋め込まなくても利用することができるものでしたが、現在はGoogleMapsPlatformという方式に改められ、利用する場合にはこれらに請求情報を登録することが求められるようになっています。

      つまり、現状では、GoogleMapsPlatformに登録しなければ利用できないことを意味しますが、一方でそれが有料化に直結するかといえばそうではありません。
      GoogleMapsPlatformに登録することで結果をテキストだけで表示するといったことが可能になります。



      また料金に関しても200ドルのクーポンが発行されるため、実質的に200ドルまでの無償利用が可能です。

      ただし、料金の支払いがクレジットカードのみとなっており、クレジットカードがない場合には利用できません。


      いずれにしても、GoogleMapsPlatformに登録することで営利目的にグーグルマップを手続きに則って利用することができるようになります。