iPhoneXの特長について

iPhoneXは、AppleがiPhoneの登場から10周年ということで作られた記念のモデルです。


液晶サイズは5.8インチで、液晶はiPhoneで初めての有機ELを採用している点が特徴です。これにより従来までの機種よりもより鮮やかで鮮明な表現が可能になっています。
また画面の縁が非常に狭くなっており、液晶の面積が大きくなったため、5.8インチでも扱いやすいサイズになっています。

そしてiPhoneXの大きな特徴として、ホームボタンの廃止が挙げられます。


これまでのiPhoneは、画面下にホームボタンが設置されており、そこでホーム画面に戻ったり、スリープ状態から復帰したりと、ホームボタンに様々な機能を割り当てていました。



しかし今回それが廃止され、android機種のように画面を直接タップして操作したり、上下に画面を移動することで設定画面を呼び出したり、アプリの切り替えなどを行います。
今までiPhoneのみを使っていた人は初めは戸惑うかもしれませんが、他のメーカーが同仕様になっているので、使えばすぐに慣れるものです。



またもう一つの特長として、FACEIDと呼ばれる顔認識によるロック解除機能を備えています。



従来のiPhoneは指紋認証による解除でしたが、このiPhoneXはセンサーに顔を近づけることで解除できるようになっています。


この認識の精度についてはテスト段階で素早い解除が可能になっており、実際に使用すれば画面を見るだけですぐに操作が可能になり、操作性の向上が大幅に見込まれます。

top