Google Maps APIからPlatformに

  • Google Maps Platformは有料?

    • グーグルマップは、目的地への距離や外での周囲の様子を見たりすることが出来るサービスです。


      このグーグルマップが7月16日に新しくGoogleMapsPlatformへと更新されました。更新されたことによっていくつか変更点が存在します。

      様々な分野のGoogleMapsPlatform情報を豊富に提供しています。

      以前はグーグルマップを埋め込む際にAPIキーといわれるものを使わなくてもマップを埋め込むことが可能でした。
      しかし、7月16日にバージョンアップされてからは完全必須になってくるため、以前同様にAPIキーを使わずにマップを埋め込む動作を行なっているとエラーやマップが良く表示されなくなってくるのです。

      そのため更新後では必需品となりました。



      また、ひと月あたりの無料で使える基準も変更されました。



      以前までは存在していたスタンダードプランという一定のアクセスまでは無料で使えるプランとプレミアムプランという従量制のプランの2つがありましたが、GoogleMapsPlatformになってからは以前のプレミアムプランのような従量制のプランへと統合されたのです。
      ただ1アクセルをしただけでも料金が発生することは無く、毎月200ドル分の利用までは無料で利用することが出来ます。


      さらに、毎月200ドルという線を踏み越さないように1日あたりの予算の割り当てなどを設定することも出来るようになったのです。

      このことから、GoogleMapsPlatformは大きく変わった点が2ヶ所ありましたが、完全に有料化していくわけではなく、一定の料金を超えない限り無料で利用することが出来るのです。